つなぎすとサロンのブログ
つなぎすとサロンのブログです
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


過去のセミナー☆2012/6/10第1回つなぎすとサロン主催【ビジネスマンから見た東南アジアの魅力と文化】


♪♪…人と人をつなぎます・あなたと夢をつなぎます…♪♪

《セミナー企画・交流会企画》【つなぎすとサロン】
皆様こんにちわ!代表の米田りり子です(*^o^*)


2012年6月に立ち上げて以来、14回のセミナーを開催しました。
先日、ようやくこのblogを開設しましたので、過去のセミナーの様子を遡ってご紹介したいと思います。(セミナーの詳細と報告)


今日はまず、去年6月の第1回目のセミナーです。

2012/6/10第1回つなぎすとサロン主催【ビジネスマンから見た東南アジアの魅力と文化セミナー】


《セミナー概要》

第1回つなぎすとサロン主催
【ビジネスマンから見た東南アジアの魅力と文化セミナー】~ミャンマー、インド、インドネシアの駐在経験を踏まえて


★日時:2012/6/10(日)14:30~16:30

★会場:CEPIO大阪本校

★セミナー概要:長年にわたる海外駐在経験、諸企業に対するアドバイス実績をもとに、成長めざましい東南アジアの現状を語っていただきます。

★講師:細井豊蔵

[講師プロフィール]大学卒業後、松下電器貿易(現パナソニック)入社。
一貫して海外関連の仕事に従事。ミャンマー、インド、インドネシアに駐在。
パナソニック退職後は、ジェトロ神戸の貿易・投資アドバイザー。又、諸企業に対する海外赴任前研修や、異文化研修講師として活動中。

★受講料:1000円(初回記念特別価格です)
★定員:15名


《セミナー報告》

記念すべき、第1回目の、つなぎすとサロン主催セミナーが無事に終了しました。

参加者は、大学生や社会人の方で、年齢層も10代~50代まで、様々でしたが、皆さんそれぞれの立場でお楽しみいただけたようです。

セミナーはまず、2つのグループに分かれて、20か国程の国旗と国名をマッチングする作業からスタート!おなじみの国旗が多かったのですが、結構難しく、皆さん苦労されていましたよ。

盛り上がったアイスブレークのあとは、
「世界の中でのASEANの位置づけ」
「ASEAN概要」
「インド、インドネシア事情」
「駐在経験を踏まえての各国の文化」
とレクチャーが続き、グラフや写真などを使った、わかりやすい説明に、皆さん、興味深そうに、頷かれたり、聞き入っていらっしゃいました。


以下はアンケートの一部です。


「とても分かりやすく、お話も面白く、勉強になりました。」

「今までアジアについてはあまり知識がなかったのですが、今日のお話で身近に感じられるようになりました。」

「写真がたくさんあって楽しかったです。」

「将来アジアで仕事をしたいので、大変参考になりました。」

「異文化にとても興味があるので、本当に楽しかったです。」


いつもはビジネスマン向けの研修でお話しされている内容を、大学生や女性にもわかりやすく、お話しいただき、本当に楽しかったです。
細井先生、ありがとうございました!





関連記事
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック




プロフィール

つなぎすとサロン

Author:つなぎすとサロン
2010年よりツイッター交流を通して、オフ会や女子会を地元関西他、関東、名古屋で開催。多くの方と知り合い、人と人の出会いの素晴らしさやパワーを実感しました。この人のつながりの素晴らしさをさらに拡げるため、2012年6月『人と人をつなぎます。あなたと夢をつなぎます』をコンセプトに、セミナー・交流会企画の【つなぎすとサロン】を設立しました。

2016年10月現在、関西・東京・名古屋・広島にて、英語関連セミナー(TOEIC・発音・学習法・海外ドラマ・アクティビティ・英語劇・英語落語・音読)や映画セミナー、仏像庭園セミナー、文章整理術セミナー、食セミナー、心理学セミナー・知的財産セミナー・パワーポイントセミナー、税金セミナー、メイクセミナー、縁結び交流会など多岐にわたるジャンルで計305回開催。

つなぎすとサロンならではのセミナー、人と人がつながる交流の場に、是非お越しください。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。